タック入りヨークカットソー

目下特訓中のパターンです。

DSC_0004~1

pattern: petit etalage
size: 90

petit etalage、通称プチオペさん。
(最初プチエタさんって書いてましたが、間違いです!)
『タック入りヨーク カットソー』は、気になりつつもずっと避けていたパターンでした。
だってニットのタックは難しいに決まっている!
でもやっぱり可愛くて作ってみたい気持ちがあって、今回挑戦してみることに。

そして最初にできたのがこの2着。
あれこれ失敗しています。そして何度も洗濯した後なのでしわしわです(;・∀・)

DSC_9909~1
まず、タックが均等に、そして直線で入らない。
そしてリブつけ前の襟ぐりがやや広いのか、リブをけっこうのばしてつけるわけですが、前中心部分のリブを引っ張りすぎて歪んでます。
それと、1度襟周りの押さえステッチを入れたんですが、案の定タックのところで歪みまくり。
ステッチは入れないことにしてほどきました。

DSC_9975~1
そして3着目がこちら。
先程のものと同じ柄ですが、サイズが違って100サイズです。

タックをきれいに入れるために、厚紙を針の横に置いて縫いました。
調べてみたところ、やすりでやっている方もいらっしゃいました。
でもうちに紙やすりはなかったので、わたしは厚紙で。
それとリブつけの時に前中心を引っ張りすぎて歪んでしまうのは、やはり普段作っているパターンよりも伸ばしつけないといけないからだと思うので、慣れの問題ですね(;’∀’)

DSC_9976~1
100サイズと90サイズ。
袖口は仕様通りにギャザーを寄せるのが面倒だったので、100サイズのほうはリブの長さ・幅を変更してぎゅーっと絞る感じに、90サイズはMahoe AnelaさんのパフTみたいにゴムで寄せました。
そんでもって100サイズはお友だちにもらっていただきました。押し付けてゴメンナサイ(;´∀`)

DSC_9959~2
90サイズは2着ともムスメのです。
袖の長さはジャストくらい。身幅はゆったりとしていて余裕があります。
ボタンとかつけたらもっと可愛いんだろうな~と思いつつ、タックが洗濯後よれよれになるのでアイロンをかけたくて、ボタンは邪魔かなと思ってつけずにいます。

ニットのタック。練習あるのみ!!!



w-line10
▼オーダー製作について
こちらをご参照ください。

▼お問い合わせ
こちらから

▼販売先shop "confetto."
tetote tetote

minne minne

w-line10


↓Facebookで更新情報UPしてます↓

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA